ミシンのトラブル対処法

  • 2008.01.02 Wednesday
  • 18:38
上の糸が切れる
・上糸の掛け方が間違っている。
・布地に対して糸が細すぎる。

・糸が余計なところにからんでいる。
・針が不良品
・針の取り付け方が違っている。
・糸が古くてもろい。
上の糸の調子が強すぎる。

下糸が切れる
・下の糸がきちんとセットされていない。
・ごみがたまりすぎている。

縫い目が飛ぶ
・針の付け方が間違っている。
・針が曲がっていたりする。
・針や糸があっていない。
糸掛けが間違っている。


縫い目にシワがよる
・上下どちらかの糸調整が強すぎる。
・ごみがたまりすぎている。
・布に対し、針が太い。
・縫い目が大きい

TOP
続きを読む >>

ロックミシンの糸の解き方

  • 2009.10.08 Thursday
  • 03:33

ロックミシンは縦の縫い目が1本もしくは2本入っていると思います(赤い線の所)
この赤い縫い目だけ引き抜きます。

すると残りの糸が簡単に取れますよ。
ロックミシンの糸の抜き方動画
TOP上へ

うさこが使用しているミシン

  • 2009.10.08 Thursday
  • 04:21
評価:
価格: ¥0
ショップ: ---

you tube等でもよくミシンの機種を訪ねられるのですが、

私が使用しているミシンはJUKIの職業用ミシンTL25DXです。

JUKIの職業用ミシンは3種類ほどあるのですが、この機種は
自動糸通しがついているんです!!

目が悪い私にとっては、細い針の穴に糸を通すのは一苦労なんです。
目が悪くない方でも、太い糸等を針の穴に通すのは大変ですよね?

この自動糸通しがついていることによって簡単に素早く糸を替えることが出来るので、衣装など複数の色を使うので、そのたびに糸も色を変えなければならないという場合とても速いです。

また家庭用の針は裏側が平らになっているので裏表がわかりやすいんです。

職業用ミシンは針をとりつける部分が丸のため、針を替えるたびに位置調節が必要なんですね。
それをしなくて済みますからかなり楽です。

自動糸通しのついたミシン、これが私がミシンを選ぶ際の一番のポイントです。

なお、職業用はジグザグ縫い等は出来ませんので、ほつれ止め用にロックミシンをご利用ください。

TOP

ミシンの糸切れの原因1

  • 2009.10.14 Wednesday
  • 18:52
・糸が余計なところにからんでいる。

特に糸立て棒(上糸のミシン糸をセットする所)に絡まっている事が多いので、良く確認してください。
 いったん全部糸を外し、きちんと巻いてから、かけなおしましょう。


また、糸ゴマの、糸をしまうときの切り込みは、必ず糸縦棒が縦向きのものは下、横向きのものは右側にくるようにしましょう。 
 よくこの切り込みに引っかかって切れることがあります

続きを読む >>

ミシンの糸切れの原因2

  • 2009.10.14 Wednesday
  • 18:59
・針が不良品

針が曲っていたり、針先が潰れている。
もしくは針の溝が曲がっていたり、途中で終わっている。


・針穴が綺麗にあいていない。

針が悪いときは新しいものに速やかにお取替え下さい。
とりあえず11、14番の2種類の針を持っていおくといいですよ。
続きを読む >>

ミシンの糸切れの原因3

  • 2009.10.14 Wednesday
  • 19:03
・上糸調子が強すぎる。


糸調整を合わせてください。
糸調整のしかた。

まず生地を正方形に折ります。
次に、それを斜めに、三角になるように折ります。
その折った線に平行になるように直線縫いをします。

両端を持って左右に引っ張り、縫い目の糸が簡単に切れた場合は、強すぎます。
出来るだけ上糸の糸調子器で調整しましょう。
(下糸を調整するのは上糸のあとです)



糸調整をするための調整器はミシンによって異なります。
このようにダイアル式のものは左に回すと弱くなります
TOP
続きを読む >>

ミシンの下糸が切れる原因1

  • 2009.10.14 Wednesday
  • 19:57
・下糸がきちんとセットされていない。

ボビンケースの場合は、ちゃんとボビンをセットする。
ボビンケースの取っ手のところに糸を挟み込んでセットすると、縫えなかったり糸が切れたりします。
ボビンケースの場合はこの方向に糸を巻いた状態でボビンに入れてください。(時計回り)

ただし、透明な糸とか特殊な滑りの糸の場合逆に入れた方が落ち着くものもあります。



水平がまの(ボビンケースがない)場合は、所定の「爪」に糸をかけてください。
逆にボビンが入っている。
だいたい水平釜のタイプは、反時計回りに糸を入れてね。
つまり←この写真は間違った方向に入れてるってことです。
続きを読む >>

縫い目にシワがよる原因1

  • 2009.10.16 Friday
  • 07:01
・上下どちらかの糸調整が強すぎる。
 糸調整を合わせる際ボビンケースを使うタイプは、たまに下糸を入れるボビンの調節をしておきます。
(毎回する必要はない。使用する下糸の太さがかわったり、自然と緩んだ時に調整する程度でOK → なぜならいつも上下一緒にいじっていたら、集合場所を決めない待ち合わせと同じで、いつまでも上と下の調整がすれ違ってあわせにくいのです。)
 ボビンを正しくケースにセットし、糸の先をつまみ軽く上に引っ張るように持ったとき、ボビンの自体の重さで3冂度下に落下するくらいの糸調子が適当といわれている。

●糸調整の為の試し縫いの仕方

生地を正方形に切り出します。

対角線を結ぶように試し縫いします


両端を持って左右に引っ張り、縫い目の糸が簡単に切れた場合は、強すぎます。

出来るだけ上糸の糸調子器で調整しましょう。
下糸はいったん調節したら、太さの違う糸に変えない限り、あまりいじらなくてOKです。

上の糸の調整はこちら

TOP  | 上へ
JUGEMテーマ:ソーイング♪

縫い目にシワがよる原因2

  • 2009.10.17 Saturday
  • 02:30
布に対し、針が太い。
 
薄い布に太い針を使うと、大きな穴が開くのと同時に、針先で生地が引っ張られてシワが入りやすいです。
よって詳しくは針と糸と生地の関係を参考の上針を交換してください

縫い目がが大きい
薄い生地を縫うときに縫い目の長さが大きいとシワが入りやすいです。
縫い目の長さを短くしてくださいね。

TOP  | 上へ
JUGEMテーマ:ソーイング♪

生地が進まない原因1

  • 2009.10.17 Saturday
  • 04:16
送り歯が下がっている。



押さえを上げた状態で、手動でミシンを動かして、針板より送り歯が上に上がってきているか確認する。
 上がっていないようであれば、取扱説明書を確認して送り歯を上げてください
(メーカーによって上げ方が違うので)
だいたい表側だと赤い丸の位置、あと裏側にあったりするよ。

TOP  | 上へ
JUGEMテーマ:ソーイング♪

こちらは携帯向けサイトです

PCでご利用の方は
手作り服の作り方と型紙USAKOの洋裁工房
こちらへお願いします。 こちらの方が型紙や、動画、手作りの情報がたくさんあります。

最近投稿した記事

categories

recommend

手作りCOS!〈3〉はじめてさんでも作れるロリータ服編
手作りCOS!〈3〉はじめてさんでも作れるロリータ服編 (JUGEMレビュー »)
うさこ/USAKOの洋裁工房
洋裁工房著の洋裁の基礎講座と型紙のついたフルカラーの本です。

links

profile

サイト内検索

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM