生地の選び方2

  • 2009.11.25 Wednesday
  • 01:31
たとえば
1)素材 コットン(綿)の場合

細い繊維で目を詰ませて織ってある
ブロード(Yシャツやブラウスによくつかわれる薄手生地)と
ざっくり織ってあるガーゼ生地では手触りも質感も違いますよね。
また、2)の織り方も

サテンの場合ポリエステルサテンと、綿サテンと、アセテートのサテンでは
質感も違いますし、お手入れ方法も異なります。
つまり生地を選ぶ際は織り方+素材を両方チェックする必要があるんです。

中には絹やアセテート等洗濯をすると変色したり縮む生地や
染め方によって色落ちする(それが味として認知されている)生地等
あります。

素材によって生地の幅が異なりますから、たとえばウールやポリエステルの方が綿より1m当たりの値段が高くても、必要とする生地の量が少なく済むこともありますので、かえって綿の方が高くつくこともあります。



普段よく聞く名前の生地でも、素材によっては、性質上
衣類には向かない生地とかがありますから、

生地を買うときは特に『素材(原材料)』をチェックしてくださいね
<<前へ
TOP | 上へ

こちらは携帯向けサイトです

PCでご利用の方は
手作り服の作り方と型紙USAKOの洋裁工房
こちらへお願いします。 こちらの方が型紙や、動画、手作りの情報がたくさんあります。

最近投稿した記事

categories

recommend

手作りCOS!〈3〉はじめてさんでも作れるロリータ服編
手作りCOS!〈3〉はじめてさんでも作れるロリータ服編 (JUGEMレビュー »)
うさこ/USAKOの洋裁工房
洋裁工房著の洋裁の基礎講座と型紙のついたフルカラーの本です。

links

profile

サイト内検索

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM