布用スプレーを使った柄入れの方法

  • 2012.11.28 Wednesday
  • 11:51

手作りフェアIN九州の企業ブースで(株)マービーさんのブースでバッグへの柄入れの体験をしてきました!

無地のバッグにスプレーでステンシルをするという体験です。
600円で体験できました。
枠を自作すればいろんな柄を作れるよ。
今回使用したスプレーはこれ!



まず、シール式ステンシル というお好みの柄がくりぬかれた、シール状の枠を選びます。
私は竜にしてみました(^0^)
袋から出して裏側の剥離紙をはがします。


枠を置きます。
この時にしっかり、浮きがないように押さえておかないと、浮いたところにスプレーが入り込んで、輪郭がぼやけます。
実際押さえが甘かったところがぼやけましたorz


周りにスプレーが散って汚れないように、マスキング(色を塗りたくない部分を覆い隠すこと)します。
マスキング用の養生テープ付フイルムはホームセンターや100円均一にも売っていました。


お好みの場所に
布用スプレー でスプレーします。

通常のカラースプレーだと、表面のケバだったところに染料が付着して、生地によっては、すごく塗りムラが出来てしまいます

でもこのスプレーは水分が多いので、しっかり生地まで浸透して、洗濯しても大丈夫なんだそうです。


不透明なので、重ねぬりしても、下の色と混ざりません!
黒と赤のグラデーションにしてみました。

スプレーして、シールをはがしたところ
それだけでこんなに詳細な柄がきれいに入りました!!
ここまでで5分位です。


ドライヤーなどで乾燥させたあと、 布描きしましょ という布描き用のペンで、色を変えたいところに重ねぬりします。
このペンも不透明なので重ね塗りが出来ます。

爪の色を銀のラメにしてみました。
ドライヤーを使わなくても10分くらい放置すると表面は乾きます。

1日放置すれば全く色移りすることはありませんでした。


生きた目にしたかったので、瞳を 布描きしましょ で黒に塗りつぶした上から、白で光を入れてみました。
布描きしましょというペンはちょっと太めの、ペイントマーカーっぽいペンなので、広い面をぬるより
ポイントで入れると力を発揮するような気がします。


いい感じになりました♪

この シール式ステンシル の枠は、スプレー自体の水分で多少縮んでしまうので、使い捨てになります。

が!
はがした剥離紙もスプレーボンドを振り掛ければ、剥離紙もまたステンシルの枠として使うことが出来ますよ!!

動画を見る
手作りフェアにてメーカーさんに許可を頂いて撮影させて頂いたものです。

こちらは携帯向けサイトです

PCでご利用の方は
手作り服の作り方と型紙USAKOの洋裁工房
こちらへお願いします。 こちらの方が型紙や、動画、手作りの情報がたくさんあります。

最近投稿した記事

categories

recommend

手作りCOS!〈3〉はじめてさんでも作れるロリータ服編
手作りCOS!〈3〉はじめてさんでも作れるロリータ服編 (JUGEMレビュー »)
うさこ/USAKOの洋裁工房
洋裁工房著の洋裁の基礎講座と型紙のついたフルカラーの本です。

links

profile

サイト内検索

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM