ステンシル(絵の具)で柄を入れる方法

  • 2012.11.28 Wednesday
  • 12:29
使う道具

ステンシルの枠となる透明のシート。透明だと場所あわせが楽なのでオススメ。

柄あわせをせずランダムに模様を入れるのであれば、100円均一にA4のシール用紙があるので、それをカッターで切り抜いて枠にしてもよい。

化粧用のスポンジ

大きいものや沢山模様を入れたい場合は下のようなちゃんとした筆を使うとすごく楽

使ってみると全然使い勝手が違います。とにかく楽!

・アクリル絵の具
洗濯するならセタカラーがおすすめ。量も多いので大きい面に塗りたいときに量を気にしなくていいです。
あと塗ったところがゴワゴワしたりしません。

※ソレイユと書かれたものは染め用なのでソレイユと書かれていないものを選んでね。



入れたい絵を描き、枠となるシートをカッターで切り抜いてください。
ホームセンターにある黒刃とかかれた、カッターの刃に取り替えると切れ味がよくなって、効率が上がります。

(複数の色を使いたい場合は、版画のように複数、色分の版を切り抜いたもの、を用意してください)

柄を入れたい生地の上に置いてください。


絵の具をスポンジ(手が汚れやすいので注意)や筆でで叩いて柄を入れてゆきます。
ステンシル用の筆は叩かず塗るようにこすってよいです。
筆の方が手も汚れず指先も痛くならないので、今後も柄を入れたい場合は、1本専用の筆を用意しておくとスピードも仕上がりも全然違いますよ。
色を塗る前にいらない紙などで、インクの量を調整して叩いてください。
布の下に大き目のサンドペーパーなどを強いておくとズレずにいいそうです。

動画を見る
手作りフェアにて許可を頂いて録画させて頂いたものです
TOP

こちらは携帯向けサイトです

PCでご利用の方は
手作り服の作り方と型紙USAKOの洋裁工房
こちらへお願いします。 こちらの方が型紙や、動画、手作りの情報がたくさんあります。

最近投稿した記事

categories

recommend

手作りCOS!〈3〉はじめてさんでも作れるロリータ服編
手作りCOS!〈3〉はじめてさんでも作れるロリータ服編 (JUGEMレビュー »)
うさこ/USAKOの洋裁工房
洋裁工房著の洋裁の基礎講座と型紙のついたフルカラーの本です。

links

profile

サイト内検索

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM