スカートの形と柄の検証実験

  • 2013.03.26 Tuesday
  • 22:21
スカートを作ったら模様の向きがイメージと違ったっていう方も多いんじゃないでしょうか?

型紙の形と模様が出来上がりでどのように違うのか3Dのソフトを使用して検証してみました。

四角い生地のウエストをギャザーやゴムなどで縮めて作るタイプです。
ほぼ同じ方向で柄が現れます。


半円スカートは柄の向きだけでなく、どこを前中心にするかによって柄が変わって見えます。

この図は、縫い合わせを脇に持って来ています




全円スカート

平らな状態で円の形の物をスカートにすると重力で垂れ下がります。

そして体にそった形で落ち着きますので、基本的に半円も全円も同じようなシルエットになります。

そして円だったものが円錐状になるのですが、円錐の展開図は円ではなく孤で作ります。
(小学校の頃紙で三角帽子みたいなものを作りませんでしたか?

その孤と全円の差の分がヒダになります。
なのでその差が大きければ大きいほどひだが多くなります。


全円の場合前中心に切り替えが入ると見栄えが悪いので、両脇に縫い目がくるような配置にしています

パニエの形の違いによるシルエットの比較実験動画

関連ページ
半円スカートの型紙
全円スカートの型紙
TOP

こちらは携帯向けサイトです

PCでご利用の方は
手作り服の作り方と型紙USAKOの洋裁工房
こちらへお願いします。 こちらの方が型紙や、動画、手作りの情報がたくさんあります。

最近投稿した記事

categories

recommend

手作りCOS!〈3〉はじめてさんでも作れるロリータ服編
手作りCOS!〈3〉はじめてさんでも作れるロリータ服編 (JUGEMレビュー »)
うさこ/USAKOの洋裁工房
洋裁工房著の洋裁の基礎講座と型紙のついたフルカラーの本です。

links

profile

サイト内検索

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM